カワイ・レナードのブザービート この一枚が世界報道新聞賞スポーツ単項賞に受賞

時事ネタ

4月19日、今日、NBAオフィシャルサイト報道によると、世界報道写真財団(本部=オランダ・アムステルダム)が主催する世界報道新聞賞の中で、撮影家Mark Blinchが撮影したこの写真がスポーツ類単項一等賞に受賞された。

世界報道写真財団世界報道新聞賞受賞作品一覧

この写真はNBAの2018-19シーズンプレイオフ、イースタンコンファレンスセミファイナル、トロント・ラプターズ対76ersの第7戦で撮影されたもの。ラプターズのホームコートで、試合ラスト前で、球場の全ての人がカワイ・レナードはぶっ放した最後のシュートに注目している姿を写している。このシュートがブザービートとなり、ラプターズが92-90で76ersに逆転勝ちをし、決勝までに進み最終的には優勝をものにしたとても意味の大きなシュートである。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました